ゲイの視線、バイの視点。

愛と思いやりをもって、最後まで生き抜くのみ。

#0145 物語の効用

正月早々に大きな地震があって、慌てて災害備蓄の再点検をしつつ、地震で住んでいるマンションが大丈夫だったとしても想定されている震度6強震度7の揺れで周りの木造家屋が崩壊し、火災が起きて火災旋風になって火が回ってきたら備蓄も何もかも無意味になるし、何を持って避難するかとなると限度があるし、となると最終的には少しでもリスクの低い郊外の街に引っ越しするしか解決策はないじゃんか、と途方に暮れ、と思ったらやれ飛行機が、やれ軍事的な緊張が、とスタートから騒がしい。

方丈記に書かれた飢饉、竜巻、地震、大火は、実際に10年ほどの短い期間に京都で起きた出来事であるし、そんだけ一気に災害がやってきたら世を儚んで山にワンルームの庵を建てて引きこもりたくもなるよな、と思うけれど、

それが悟りの妨げになろうとなるまいと、現代社会ではそんな遁世をするのはなかなか難しいことである。

そしてそういう災害リスクは厳然と今も変わらずある。否、巨大な通信システムのインフラに生活全てを委ねている現代社会ゆえ、むしろその被害のダメージは更に大きくなっている。

学校で暗証させられてなぜか今でも諳んじれるのが不思議だけれど、平家物語の冒頭の文章が頭にこだまする。

僕は権勢を振るって暴れたい欲など皆無なので、戦略的無派閥を貫いてきたし、それによって日陰に追いやられて虐げられることなど、屁とも思わない。

むしろ下手に力をもってしまい、無自覚に悪徳を積んで人の恨みを買うほうが空恐ろしい。

何をもって幸福な人生であると定義するかは人それぞれであるけれども、外的な条件付けとして当たり前のように今まで担保されてきた幸福の土台が、根こそぎひっくり返されるかもしれぬ時代に生きているという認識は、多かれ少なかれ皆がすでに感じているのではないだろうか。

物理的にできる対策をして、最悪の事態を想定しつつ、その中でどう生を全うして幸せを味わっていくかについて、よりシリアスに、それでも希望と喜びを見失わないでいるか?漠然と流されていては望まない結末に引きずられてしまうゆえ、僕は真剣に考える。

僕の祖父は3回戦争に駆り出された。無事に生きて帰還している。もちろんだからこそ僕が生まれることができたわけだけれども。

祖父の命日なので、ちょっとゴージャスな晩ごはんを作り、しばし忍びつつ、僕はこのセットの世界の中で、どう生きていくかについて思いを巡らせている。

僕は結婚しないし、自分の子どもを、というのがないゆえ、僕の代で終わってしまうわけで、ごめんね~なわけだけど。

で結局のところ、目標やゴール設定を忘れることなく、今この瞬間に幸せを感じて生きる、しかないのだけれどね。

そして。

こういうセットの世界で、その意味をわかりつつも、共に幸せやあらゆる経験を共有できる誰がを見つけたいし、その手を取って安寧な場所を目指して導いてあげられる相手を求めて生きていく物語を僕は設定して、この世界を生きていこうと思うのだ。さあ、いつ出会えるだろうね。ムフフ。

僕が高揚し、生きる意欲の湧いてくる物語のありようはこんなところである。

この設定の世界の中で、皆さんはどんな物語を紡ぎ、楽しんでいらっしゃるのだろうか。

www.youtube.com

仕事で車に乗っているときにラジオから流れてきて一発で気に入り、CD買いに走ったのがもう20年前なんだなと、時の流れの速さに驚くのであった。HYのナンバーは男の子と女の子の声のハーモニーがとても心地よいし、今も時折聴いている。異なる特質を持ち寄ってできるハーモニーの素晴らしさが表現されていて気に入っている。

#0144 脚本を書いている張本人

お互いに仕事のシフトをなんとかやりくりして一緒に過ごす約束をし、プレゼントと小さなケーキを買って、夜、駅まで迎えに行く。改札で僕を見つけ、人混みをかき分けて喜々として駆け寄ってくる彼女の姿は鮮明に記憶している。20年ほど前の話だけれど。

それはそれでとても楽しく幸せで、でも仕事も大変で人生の状況はなかなか辛く、毎日疲れ気味で、それでもなんとか必死に生きていたんだよな、とほろ苦い気持ちもないまぜで…そんな記憶が僕の魂にはメモリーされているし、

クリスマスの想い出はどちらかというとしょんぼりすることのほうが多かったけれど、あの冬の想い出を回想するだけで穏やかな気持ちになる。これも年齢を重ねるという楽しみのひとつだろうと思う。

「ねぇ、お母さん、友達の〇〇ちゃんと話してたんだけど、サンタクロースいない説っていうのがあるらしいの。でもちゃんとサンタっているよね?」…この時期になると、サンタクロースを信じているまだ小さかった姪っ子が、母親である僕の妹に真剣な顔でそう聞いてきたという話を思い出す。

子どもの夢を壊してはいけないとばかりに、大の大人、というか世界各国の軍隊がここまでやるのかとちょっと驚いた。

otakei.otakuma.net

人生のドラマに翻弄され、あるときは絶望し、うなだれ、落ち込み、それでもまた、パパっと膝の砂埃を払って立ち上がり、また頑張ろう、と歩き出し、幸せを感じて空に向かって快哉を叫ぶ。その行き来を例に漏れず僕も繰り返し、今日もとりあえず生きている。

ドラマには必ず脚本がある。僕が好きなプロレスにも脚本がある。

これには脚本があるんだと重々わかりながら見ていても、つい引き込まれ、ハラハラドキドキして見入ってしまうものだ。

しばらくすると、そのストーリーの転がりを予想し、深読みして楽しむことを覚える。

サンタクロースはいるんだよ、と言い聞かせながらも、それがファンタジーだとわかっている。

そしてそれがファンタジーだとわかってはいつつも、ハラハラドキドキして、あるときは不安と恐怖に苛まれ、またあるときは幸せの絶頂を味わう。

その脚本は結局僕が書いている。

脚本の意図は最近おぼろげながら、理解できてきたような気がする。

これからのストーリーの転がりや結末はまったくわからない。でも、とにかくその脚本の場面場面、つまり今を楽しむということでしかないんだよなと。

今のところ今日は誰とも会う予定はない。冷蔵庫を開けたらいつも買っている鶏肉があった。さあ、これで何か作って晩ごはんにしよう。

あのクリスマスは、ちょうどこの曲が発売され、やたらFMでかかっていた時に迎えた年のクリスマスだったなと書きながら思い出した。彼女と二人してCKBいいよね、と珍しく音楽の好みが一致したんだよな、そういえば。

今あの彼女がどこで何をしているのか僕は知らないけれど、きっと幸せにやってらっしゃることだろうと思うし、そう願いたいところだ。

www.youtube.com

 

#0143 すべては、かりそめ。

おそらくラブシーンであるはずなのに、映像からは恋心ではなく、ふたりの青年の行き場のないやるせなさと出口のない苦しみしか伝わってこないのはどうしてなのだろう?

ネットで見つけた、映画のワンシーンが切り取られた1分ほどのクリップが鮮烈で、これはなんていう映画なんだ?と何年も気になっていたのだけど、先日やっとその映画を見つける事ができた。

邦題が「君の心に刻んだ名前」という台湾の映画だった。

youtu.be

ソフトを買おうと思ったらネットフリックスでしか見れないと。サブスク嫌いの僕としてはちょっと逡巡。予告編やネタバレレビューなどを見て、どんな映画なのかをふむふむ、と把握。しかし断片的なそれらの情報だけで、感情を揺さぶられすぎて目から汗が出てしまい、映画1本丸々見終わったかのようなインパクトがあった。

僕が最初に見たシーンの謎は、監督のインタビューを読んですぐに解けた。

cinemagical.themedia.jp

tsunagary.jp

僕が脚本の学校に通っていた時、大御所の脚本家の先生の講義で言われたのを今も覚えているのだけれど

どうして多くのドラマや映画の配役で若い人が主役になり、内容として青春の群像劇や恋愛が多用されるのか。答えは簡単で、若い人が自分を投影して感情移入できるだけでなく、大人は大人で、自分がかつて経験してきた記憶が呼び起こされ、臨場感をもって追体験することで感情移入できるゆえ、多くの世代を対象にできるからだと。うろ覚えだから不正確かもしれないけれど、そんな意味合いだった。

監督は僕より2歳上でほぼ同年代。映画の設定は台湾の戒厳令が解除された1987年に高校生となった男子ふたりが主人公、ということで、ピッタリ僕自身の年齢と重なる。

僕にはそんなドラマティックな出来事はなかったけれど、片思いは、あった。その時の苦しみややるせなさと、想いを消化しきれずに押し殺すしかなかった辛さにとても共感してしまうし、思い出すと今でも苦しくなる。

ラブシーンのはずなのに僕がやるせなさと苦しみしか感じなかった理由は、日本と台湾の違いはあれど、当時のLGBTQに対する社会の扱い方を内在化し、自分を抑圧するしかなかった自分自身のやるせなさと苦しみが投影されていたからだ。

自分の喜びや楽しみを選んだら、それは多数の選択と異なるからと外の世界から罰を受けるとしたら、個人として何を選択するのかという問いは、セクシュアルマイノリティのみならず、生きている個人すべてにつきつけられるものだと僕は思うし、そして、それは生きることや幸せとは何か、厳しい問いかけを容赦なく迫るものだと強く思う。

予告編の中で、すべての人にとって、初恋の壮大さはどんな映画の名作にも勝る、というセリフが入る。僕の意訳だけど。

セクシュアリティには関係なく、多くの人にとって青春とか、恋愛の鮮烈な記憶のパッケージはそれが実ったにしろ、ささやかな片思いだったにしろ、どんな名作にも勝る、その通りであると思う。

で、この映画の設定で驚くのは、恋に落ちた男子高校生ふたりの30年後を描いているということだ。なんとリアルな。生々しい。

あれから40年、といえば、扇子片手のスタンダップコメディアンが浮かぶが、中年になったオッサンふたりを描くのは、残酷というか、見るものを現実に引き戻すってもんだ。

僕が仮に片思いしていた相手に30年以上経った今再会したらどうなるのだろう。

そんなことも、あったよね、と、ひとり思うだけで、30年の経過がすべてを押し変えた残酷さを知るだけだ。きっと。だから別に会いたいとは思わない。

すべてはかりそめだ。それは決して悪いことではないし、かりそめだからこそ、その時その時、あらゆる感情と経験をめいっぱい味わって、魂に刻んでいくのだ。

結婚をしようがしまいが、子どもがいようがいまいが、最後はひとりになる。

だからこそ。

関係性や肩書、距離感に関係なく、関わっている人との時間を共に楽しみ、味わい、縁があるならば、相手とより深く関わり、異なった魂の独立した個の存在としてお互いを尊重し、楽しみ、慈しみ、相手を通して自分を再発見し、共に人生を生きていけば良いのだ。

今も鮮明な色合いの記憶として残る、青春のあの瞬間から30年以上経過したけれど、これからもまた新しく経験をし、人生を味わうことができるし、今からでもちっとも遅くはないし、手遅れでもないし、

残酷でもなんでもなく、素晴らしいものだと思う。

今日も80代の婆様に、52歳か!若いな!まだまだバリバリ人生頑張れる男盛りやがな!と励まされた。

この映画で50代になった主人公ふたりがどう描かれているのか、見て確かめなくてはな、と思うのだが、サブスクは嫌だーとまだ抵抗をしている。うぐぐ。